断熱と気密


基礎に断熱

厚さ5センチのポリスチレンフォームを基礎外周に張り付け基礎断熱としてます、当社ではカネライトフォームスーパーE-3種bを使用してます、ポリスチレンフォームには断熱性能によって種類があるんです。

内部土間

厚さ10センチの砕石を敷き突き固めた上に0.2ミリの防湿シート、太さ6ミリ150角のワイヤーメッシュを敷き土間コンクリートを流し込みます。外周に見える白い物は断熱材、地中を伝わって逃げる熱を防ぎます、厚さ3センチの基礎と同じ性能の物を使用してます。

土台の気密

基礎と土台の間には復元力のある土台用気密パッキンを使用、これにより基礎と土台との隙間を防ぎます。

先張り防湿気密シート

胴差しには、柱建て時に1階壁防湿気密シートと2階壁防湿気密シートがつながるように70センチ幅の防湿気密シートを先に張っておきます

屋根に断熱

18センチの屋根垂木を使用して、間に厚さ10センチの高性能グラスウール16kg品を2枚重ねで充填しますこの上に3メートル幅の透湿防水シートは張り通気下地を取り付け野地板、屋根板金となります。グラスウールの下には厚さ0.2ミリの防湿気密シートが張られてます屋根に断熱をすることにより、2階には天井がなく梁等の木材が化粧として表すことができ、ロフトなどに有効活用できます。

壁の断熱

壁には屋根と同じく厚さ10センチの高性能グラスウール16kg品を充填し、厚さ0.2ミリの防湿気密シートを張ります、この時に柱建て時に施工した先張りシートと重ね合わせ(10センチ重ねます)防湿気密層を連続させます。

コンセントの気密

コンセントボックス取り付けには気密カバーを使用してます。

透湿防水シート

通常透湿防水シートは1メートル幅ですが、当社では3メートル幅のハードタイプを使用してます。防水の事を考えると少しでもシームレスの方がいいですからね〜


BACK